高校時代のクラスメートとの出会い

高校時代のクラスメートとの出会い

私が出会いを感じ、その彼と少しだけですがお付き合いをしたのは、高校3年生のときでした。

 

3年生で初めて同じクラスになり、少しずつ意識するようになったのです。当時は男女交際がオープンではなく、秘めごとのように行われていた時代だったので、彼と私も話すらなかなかできませんでした。男子は男子、女子は女子で集まり、お互いに「あの子がすき、この子がいい」などと同性同士の間で話しているだけでおしまいでした。

 

私も、仲良し3人組で彼のことをいろいろ話しながら、チラッと見るのが精一杯でした。

 

そうして1学期も過ぎ、2学期も終わり近くになった頃、驚いたことに彼の友だちから、彼が私に好意を持っているということを打ち明けられたのです。そのときはすごくうれしくて、幸せでした。

 

それから、ときどき彼と話したり、手紙のやりとりをしたり、途中まで一緒に帰ったりするようになりました。

 

けれども、私たちの通っていた高校は進学校で、彼と私は勉強面でも順位を争う仲だったので、受験が近くなるにつれて、だんだんと付き合う余裕もなくしていきました。そうして、彼は彼、私は私の志望校にそれぞれ合格し、別の道を進むことになりました。卒業後別れたきり、その後は連絡を取り合うこともありませんでした。

 

もともと縁がなかったのでしょう。高校時代の淡い思い出の出会いでした。


出会いマイスターたちの挑戦 サイトマップ